« 民主300超 | トップページ | ミツバチ激減ウィルス説 »

高速の「あおり運転」罰則強化

高速道路で「あおり運転」を行った場合、
減点:1点→2点
罰金:6000円→9000円(普通車)

と罰則強化するそうです。(10/1から施行)

私自身も昔、深夜の霧の碓氷峠であおられた事があります。
下り左カーブで道路を横切る水の流れに乗ってしまい、
(峠道では山側から谷に向かってアスファルトを横切るように
水が流れている事がよくある)
グリップが効かなくなって(ハイドロプレーニング現象)
反対車線の歩車道境界ブロックにぶつかってやっと止まった。

自分の運転技術がもう少し未熟だったら谷底に落ちてたかもしれないし、
反対車線から車が来てたら正面衝突してました。
その時は運良く右側前輪の車軸を曲げただけで済みましたが。

だから、高速と言わず、意味の無い「あおり運転」をする奴は
「危険運転」でバシバシ取り締まってもらいたいものです。


ただ、危険な運転をするドライバーがいる一方で、
田舎の片側1車線の細い道で「超安全運転」をするドライバーもいます。
40Km制限の道を20Kmとか15Kmとかで、
見ると、たいていお爺ちゃん。

真昼間にそれをやられて渋滞先頭のペースメーカーになられたのでは
経済活動に対する妨害です。世間に対する反逆です。

移動手段でしょうから「免許証取り上げろ」なんて言いませんけど、
もう少し後ろを見て、後ろが詰まっているようなら道を譲るような
走り方をしてもらいたいものです。> 世間の爺さま。

|

« 民主300超 | トップページ | ミツバチ激減ウィルス説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速の「あおり運転」罰則強化:

« 民主300超 | トップページ | ミツバチ激減ウィルス説 »