« 楽天が個人情報収集 | トップページ | 高速の「あおり運転」罰則強化 »

民主300超

これを聞いた時、
「日本人てのは集団主義(群れ社会)だからなぁ」
と思った。

先日のインフルエンザのマスク騒動の時もそう。
すぐにマスメディアに踊らされる。
民意が傾いて一方向に流れ出すと、あっという間に総意になってしまう。
古くは戦争に突入していった時から日本人の国民性は変わっていないのかも。


しかし今回の民主の場合は少し違うらしい。
4年間の自民党政権に辟易しての事のようだ。

自民に比べて民主が光り輝いているか?というと、そうでもない。

マニフェストを見れば、自民のバラマキをあれだけ批判していた民主が
バラマキのオンパレード。自民も負けずにオンパレード。

選挙演説ではお互いに足の引っ張り合い。
民主はやたら「政権交代」を連呼するわりに、交代した後、何をしたいのか。

どの党からも、4年後10年後の国のあり方についてビジョン(将来像)が
見えてこないのは何故だろう。

自民が民主になったところで、表紙だけ変わって、
中身は対して変わり映えしないのではないか?と。

4年前の小泉劇場で自民が圧勝し、今度は立場が逆になっただけ。
そんな風にもとれる。

そうすると、この4年間と同じような事がこれから4年間繰り返されるのだろうか。
数の力にものを言わせるだけの政治ゲーム。
うんざりだ。


そうしないための我々の投票活動は、どうすべきなのだろう?

まずは、『選挙』を『劇場』にしない事が重要なのではないだろうか。
そのためには『ワン・フレーズ』に流されず、正確な見極めが必要だろう。


(あらたにす、伊藤元重氏のコラムによると)
「日本には1400兆円の個人金融資産があり、65歳以上の人が約70%を保有している。
住宅資産も同程度あり、50歳以上の人で約70%を保有している」

そうだ。

(早稲田大学の榊原英資氏によると)
「日本人の貯蓄残高の約1千兆円までは国債を発行しても問題ない。」
という意見もある。

国債の限度額について「それは違うだろう?」と思うが、
経済学者様たちの間では定説なのだろうか。


個人的には、日本の老人(失礼!)が資産を貯め込んでいて流動しなくなっている
から経済に活気が無くなっているのではないか、という気がしてしょうがない。

「ご老人達がガツガツ貯め込むから、若者が餓えるんだ。」そんな気がする。

「じゃぁ、なぜそんなに貯め込むのか?」

おそらく『将来不安』がそうさせるのでしょう。

であれば、その『将来不安』を取り除かない事には資産は流動化しない。

お金のバラマキだけで将来不安が払拭できるのだろうか。
とてもそうは思えないが。


こうやって考えていると、だんだんとネガティブなマイナス思考に。
これは、いけません。

ポジティブに切り変えなければ。
さて、与党と野党は拮抗した方が将来のためになるのでしょうか?
それとも、極端な差が付いた方が将来のためになるのでしょうか?

その線で考える事にしよう。

|

« 楽天が個人情報収集 | トップページ | 高速の「あおり運転」罰則強化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主300超:

« 楽天が個人情報収集 | トップページ | 高速の「あおり運転」罰則強化 »