« ウンベラータ植替え | トップページ | 散歩 »

画像の拡大「Nearest Neighbor法」


リンク
画像の変換(目次ページ)
『拡大・縮小』関連
画像の縮小
・画像の拡大「Nearest Neighbor法」
画像の拡大「Bilinear法」
画像の拡大「Bicubic法」
画像の拡大「Lanczos法」
画像の拡大-距離計算に関する考察
超解像
【画像の拡大】
画像の拡大には幾つかの方法があります。

まずは、最短距離法(Nearest Neighbor 法)から。
画像の拡大を、「元画像から出力画像への写像」と考える事ができます。
出力対象の各点 (dx,dy) に対して逆写像の点 (sx,sy) が計算できます。

やっかいなのは、この各点 (sx,sy) は実数(連続した値)で計算できますが、
実際の元画像はピクセル単位の飛び飛びな値(離散値)だという事です。
最短距離法(Nearest Neighbor 法)
逆写像の点に最も近い1ピクセルを持ってくる
という方法です。

試しに次の絵を拡大してみましょう。
《元画像データ》

160x120 の大きさです。
これを 384x256 にしてみましょう。
縦に 2.13 倍、横に 2.4 倍です。
(比率を変える事で何か影響があるかもしれないので、
わざと縦横比率を変えています。)

《Nearest Neighbor》


Nearest Neighbor 法は、
元画像の各ピクセルを単純に引き延ばしているだけなので、
各ピクセルは四角い形に拡大され、
全体の絵は、それらのブロックが貼りあわされたモザイク状になります。

|

« ウンベラータ植替え | トップページ | 散歩 »

画像フォーマット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 画像の拡大「Nearest Neighbor法」:

« ウンベラータ植替え | トップページ | 散歩 »