« 早起き | トップページ | Sock and Awe »

不況

年末の寒い時期に「派遣の解雇だ」「正社員のリストラだ」「内定取り消しだ」
と聞くと、本当にひどい状況なんだな、と実感します。

うちの会社は「残業減らせ」ぐらいで済んでいますが、
こう不況だと、この先わかりません。

ひたひた不況が進んでくると、
フレックス制度(出勤、退社時刻に自由度をもたせる制度)があっても
「定時出社だ~!」とか、体育会系の声が通るようになって
それはもう、息苦しいもんです。
こういう時だからこそ「論理的に知恵を絞って」のはずなんですが。

顧客の方を向いて仕事をするのが本来のはずなのに、
「会社に早く来てま~す」という上司アピールの管理職が増えて困ってしまう。


思えば“派遣”というのはひどい制度ですね。
わざわざ人の下に人を作って。
能力の無い正社員にポストを作ったり、正社員の給与レベルを維持したり、
実質そんな事がまかり通ってますからね。

派遣でも優秀な人は優秀だし、
正社員でも使えないのは使えないし。

この派遣制度、『アメリカの対日要求(年次改革要望書)』で出来たそうですね。
裏話を聞くと、
日本の技術力(組織力)にアメリカが「対抗しきれない」と判断して
日本企業の技術力を骨抜きにするために、終身雇用の制度を崩壊させるために
圧力を掛けてきたらしいじゃないですか。

終身雇用にも一長一短ありますが、
ある程度働き続けないと身に付かないスキル(経験値)が日本企業の強みだった
との事で。
欧米では育てても、「ステップアップだ」とかで、油が乗った頃に転職、
というのが横行しているらしいですから。

日本企業にとって従業員は、組織の筋肉であり細胞であるんですが、
アメリカ企業にとっての従業員は単なる歯車なんですね。
(この喩え、通じますかね。)


で、現状の日本は、というと
欧米と同じような感覚で、簡単に従業員を切り捨て、
逆に、雇用に関しては終身雇用の伝統を引きずって狭き門。

これでは明るい未来は語れないですね。


それにしても、公務員(特に官僚)というのはこの不況でもボーナス出るんですね。
公僕なのに。

|

« 早起き | トップページ | Sock and Awe »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不況:

« 早起き | トップページ | Sock and Awe »