« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

メモ(5/29)

メモ(5/29)

GoogleEarth

Google Earth API

面白いけど、メモリ馬鹿食いだな。

ダビング10延期

エンドユーザー置き去り

NHK が Youtube 参戦


NHKonline で
何を考えているのだろう。
(6/2追記)
公式配信と無断登録とを判別するテストだったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK職員が勤務中に株取引

調査した中で81人が株取引をしていたそう。
中にはインサイダー取引も。

コンプライアンスが出来ていない組織に公共を名乗る資格は無い。
株取引していた当人はもちろん問題だが、
組織風土にも問題がある。

私の経験からすると、ダメな組織というのは、それぞれの従業員が
顧客の方ではなく、上司の顔色を見て仕事している。

今日、廃業した船場吉兆もそう。
客の方を向いて仕事をしていないから、ああなる。

大阪府の職員もそうだ。給料カットに大反対しているそうだ。
中には「自分は上司から言われた通りに仕事をしてきただけなのにカットはひどい」
なんて言い訳をしている人達がいるそうだが、
そもそもそんな発言が出る時点で大阪府民の方を向いていない事がわかる。
マニュアル化された作業をこなすだけの受身の姿勢で、そこそこの給料をもらえる
と思っている方がどうかしている。
結果的に府民に税負担やサービス低下を強いているのだから。
そういう仕事に対する姿勢は、組織として腐っている証拠だ。

今回のNHKにしてもそうだ。
サービスを享受されるべきは受信料を払っている人たちだって事が念頭に無いから
株取引なんかに現(うつつ)を抜かしてられるんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSP修理

アナログパッドがバキッと壊れたためプレイステーション・クリニック
有償修理(6300円)に出していたのだが、

先日電話がかかってきて
サポセン「パッドが壊れたとの事ですが」
私「はい。そうです」
サポセン「パッド以外にも基盤の方にも問題が見つかりまして」
私「はぁ」(え”っ。まじっ!もしかして1万以上取られる?)
サポセン「初期型の PSP は部品供給が終わってるので、新品と交換になります。」
私「は、はぁ」
サポセン「パッド交換の6300円で新品と交換という事でいかがでしょう?」
私「え?はい。」(ラッキー)

という事で3分の1の値段で新品が手に入ったのだった。
それが今日届いた。
電池など付属品は修理に出さなかったので、本体が1つと付属品が2個になった。
ドット抜けも無い。
すばらしい。

ネットでサポセンを検索すると悪い噂ばかりが書かれているけど。
というか、良い噂が見つからないけど。

ちゃんとしてるじゃないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレーボール中継延長

迷惑!

せめて番組表で延長予告してから延長するならともかく。

自動録画延長に対応した地デジ録画機を買えと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茨城県沖地震の半月

気象庁発表のデータを約半月分、
茨城県沖限定で考察したもの。

赤いプロットが、茨城県沖で発生した地震のマグニチュード。

縦のオレンジ色の線は、月の正中。東経141.9°の上空を月が通過した時刻を示しています。
(茨城県沖の震源が141.9°付近だったので、その位置)

縦の黒色の点線は午前0時。
日本標準時は明石(東経135°)基点なので、141.9°とはズレがあります。
点線と点線の中央が正午なので、太陽が正中するのはその位置と考えて良いでしょう。

折れ線は、水戸の観測所のデータ。
(茨城県沖の震源に一番近い気象観測所がここらしいので)


(↑ クリックすると拡大)

なんとなく、気圧の変化や潮の干満と地震の発生時刻との間に相関があるようにも思えます。
なんとなく、ってだけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷たいお茶漬け

永谷園 のニュースリリースによると、
冷やした烏龍茶をかけて食べるお茶漬けが 5/26 に発売(&リニューアル)だそうだ。

なんか旨そう。

永谷園、いい仕事してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素人がエコカラット・その2

今度はデザイン貼りに挑戦

前回の反省を生かして、壁の上側から下側に向かって貼る事にしました。
あらかじめ計算して部材を切っておいて、下から積み上げる前回の方式は
良くありませんでした。
(途中でタイル間の隙間間隔を調整って難しいです。)


PowerPointでラフなデザインをして。


壁紙の上に線を引いたところです。(壁紙はエコを貼る前に剥がす。)
さぁ後戻りは出来なくなったぞ。


斜め45度なので45度測定用の水平機を追加で買いました。
500円ぐらいだったかな?


エコカラットを斜めに切断するのには、段ポールを斜め45°に切ったもの
をつかいました。


スターターキットにグリッドソーというノコギリの歯(刃)が入っていました。
L字部分の短い側は、そのグリッドソーで切ることにしました。
結構ザクザク切れます。


短い側をノコギリで、長い方はカッターで。

あ、そうそう。
ヤスリ掛けをしていると、だんだんと目詰まりしてきます。
ヤスリの歯がダメになった訳ではなく、単に詰まっただけなので
ブラシで掃除してやれば、まだまだ使えます。

そして、いよいよ完成です。

写真ではわかりませんが、
実はタイルとタイルの間が1ミリ以上開いている箇所があります。
「まだまだ修行が必要だなぁ」

ただ、自分でやると、それも愛着。

【ブログ内リンク】

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おまけ時計

雑誌のおまけに格好良い時計が付いてくる、と聞いて。

購入してみました。

ん~。分厚い。


開けてみると、

本とおまけ、どっちがメインだ?ってぐらいのボリューム。

おまけを開封。


すると。。

出ました。
格好良いです。

ちなみに、
透明部分は透明なプラスチック。
文字盤は紙。(ぉぃ
単三電池1本は付属せず。

時計の針は、時、分、秒の3本と、目覚ましアラームの1本はちゃんと動きます。
他は文字盤のプリントです。

このデザインで、雑誌の付録扱いですから、
出版社はかなり頑張っているのではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうでしょうDVD第10弾

受け取ってきました。BOX も。
しかし封を開けずにそのまま。

そう言えば前回の第9段も封を開けずにそのままだ。

8弾までは討ち入った直後に副音声を聞いて、シークレット捜してって
感じだったのに。
こんな事では藩士失格。

引越し前後から、精神的にゆとりがありませぬ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おまけストラップ


シャレでもらってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

taspo で閉店

asahi.com によると、taspo 自販機への切り替えで、タバコの自動販売機の1割強の台数が減ったそうだ。
なんでも、自販機を設置している店に対して taspo 対応機への切り替えで1台あたり数万~10万程度の負担を求めているからで、
負担を抱えきれない店は設置台数を減らしたり、自販機販売をやめてしまったりしているとの事。

中には、これを機会に閉店するたばこ屋さんもあるのだとか。

電子マネーの普及が目的だと思っていたので、利権を享受する側が負担するのが筋だと思うのだが。

それとも「電子マネー普及」以外の目的があったのだろうか。
もしかすると弱小販売店をふるいに掛けて淘汰してしまった方がタバコ協会にとっては都合が良かったのかもしれない。
深読みしすぎか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAMDISK

PC Watch の RamDisk 紹介記事
をもとに RamDisk を導入してみた。

私のノートPC はメモリ 2GB を積んでいるが、この内 256MB を RamDisk に割り当ててみた。
今の所、問題なく動いている。
HardDiskに比べるとアクセスタイムは100倍くらい。
プレゼン時などの資料置き場として使えそう。


(追記)
256MB だとデフォルトでは FAT だった。
ディスクのフォーマットを行えば FAT32, NTFS に変換できる(クイックフォーマットで OK)
のだが、Windows を再起動すると FAT に戻ってしまう。
rramdisk がそういう仕様らしい。

RamDiskサイズを 512MB 以上に設定すると、rramdisk のデフォルトは FAT32。
NTFS じゃないけど、まぁいいか。
(6/7 追記)
久しぶりに Photoshop を起動して。
起動して。
起動しない。

「仮想メモリ」が必要だった。
※仮想メモリ=HDDの一部を割り当ててメモリのように記憶領域として使う。
おお、これは RamDisk の出番ではないか。

WinXPの場合
[システムのプロパティ]→[詳細設定]
→[パフォーマンス]→[詳細設定]→[仮想メモリ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その後の茨城県沖







5月8日の地震をピークに(余震は続いているものの)落ち着きつつある、
という見方をして良いのではないかと思う。
(あくまで個人的な意見)

気象庁の震源データをもとに独自に集計したグラフです。


(追記)
「月の位置や気圧が関係しているかもしれん」と思って
プロットしてみましたが、
相関関係は良くわからず。
(月マークは正中の時刻を示しています)


| | コメント (0) | トラックバック (1)

茨城県沖地震

気象庁に詳しいデータがあった。

4日間の履歴




さらに、これらの震源地を1日ごとにしめすと








さて、どうなんでしょうか。

地震情報データは気象庁
[ホーム]→[地震情報]→[地震資料のページ]→[毎日の地震活動]
→[関東、中部]→[○月○日の地震活動]→[震源リスト]より引用。
(気象庁データをもとに独自に集計してグラフ作成しています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震

どうやら、深夜から朝に掛けて茨城沖で地震が発生しまくったらしい。
地震発生日時 震源地 マグニチュード
北緯、東経深さ
2008/05/05 09:27茨城県沖(N36.3° E141.8°)約17KmM5.1
2008/05/07 14:35茨城県沖(N36.3° E141.9°)約17KmM4.5
2008/05/07 18:59茨城県沖(N36.2° E141.8°)約17KmM4.9
2008/05/07 19:50茨城県沖(N36.3° E141.8°)約17KmM4.6
2008/05/08 00:25茨城県沖(N36.3° E141.9°)約17KmM4.6
2008/05/08 01:02茨城県沖(N36.3° E141.8°)約24KmM6.3
2008/05/08 01:09茨城県沖(N36.3° E141.7°)約20KmM4.5
2008/05/08 01:16茨城県沖(N36.3° E141.9°)約20KmM6.2
2008/05/08 01:45茨城県沖(N36.3° E141.7°)約35KmM6.7
2008/05/08 01:51茨城県沖(N36.2° E141.6°)約20KmM4.8
2008/05/08 02:21茨城県沖(N36.3° E141.3°)約30KmM4.3
2008/05/08 02:31茨城県沖(N36.3° E141.9°)約20KmM5.3
2008/05/08 03:20茨城県沖(N36.3° E141.7°)約20KmM5.0
2008/05/08 04:20茨城県沖(N36.2° E141.6°)約22KmM4.7
2008/05/08 05:34茨城県沖(N36.3° E141.4°)約30KmM4.0
2008/05/08 06:27茨城県沖(N36.4° E141.6°)約20KmM3.9
5月5日から4日間分の茨城県沖で発生した地震の
マグニチュードと震源の深さを調べてみると
こんな感じ。


震央の分布はこんな感じ。



にしても爆睡してて、全く気付かなかった自分っていったい。
(普段は人一倍ゆれには敏感なのだが。)

(追記)うちは震度3だったらしい。
(追記)より正確なデータが入ったので数値を入れ替えました。

(さらに追記)
Hi-net(防災科学技術研究所) 高感度地震観測網
VRMLによる3次元震源分布表示 をしげしげとながめてみた。
震源くんなんてのもあったが(w

今回の茨城県沖の地震源と、関東直下の震源と、直接の因果関係は無いように見える。
(間接的な関係はあるかもしれない。というか、あるのだろう。)
つまり、今日茨城県沖で地震があったからと言って、明日にも関東で、って訳では無さそうだ。
(あくまで、素人目には、そう見えるってだけだけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素人がエコカラット・その1(後編)

なんでも、通常の家というのは壁の境界が真っ直ぐじゃなかったりするんだそうです。
しかし、うちの場合は、そのような歪みはほとんどありませんでした。
真っ直ぐであるべき所が、本当に真っ直ぐ。
直角であるべき所が、本当に直角。
これは長谷工さんを選んだ私がエライ!
(じゃなくて、施工主さんの技量ですね。)
「長谷工で良かった。」

お陰で割りと簡単に水平線が引けた気がします。
(土台がちゃんとしていると、ほんと楽です。)

そして次に、壁紙を剥がします。
下図のような構造になっています。

石膏ボードと石膏ボードのつなぎ目は
ジョイントテープとジョイントコンパウンド(というセメント)で
接合されているのですが、
壁紙の糊がこのセメント部分にはあまり接着しないようです。
逆に石膏ボード表面の台紙とは強力に接着しています。

壁紙を剥がすと、
壁紙の接着面(裏紙)と化粧面(表紙)の間がペリペリッと剥がれます。

ところが、ジョイント部分はコンパウンドと接着面の間も剥がれます。
剥がす時の音を聞いていると隙間が出来たかどうかが分かります。

剥がしてみた所です。

もわもわっと紙の繊維が毛羽立っています。
壁紙の表側と裏側の間が剥がれるので、
その間の繊維が毛羽立ちます。ホコリも出ます。

「なんかやだなぁ」と表面を塗らした雑巾で湿らせて、
薄皮を剥くようにして取り除いてみました。
“接着面はがし作成”成功!と。

「そうか。こうすれば綺麗に取れるのか。」

(左が壁紙の表紙、右は接着面)
と調子に乗って薄皮を取っていると

(わかりにくいですが)
石膏ボード表面の厚紙の方がべりべりっと剥がれてきました。
「壁紙の接着面をはがすつもりが、台紙の方をはがしてしまった。」

“壁紙の接着面はがし作戦”はあっさりと撤回です。
「エコカラットが、ちゃんと壁(石膏ボード)に固定される事こそが重要!」

“壁に固定”という意味では、
石膏ボードのつなぎ目(ジョイントコンパウンド)の部分で浮いた壁紙の
接着面こそ、なんとかしないといけません。

ピンセットをはさんでみると浮いているのがわかります。

この部分は除去です。

べりべりべり。ピンセットを使って丁寧に除去。

さて、いよいよ貼り作業です。
・ヘラで接着剤(エコぬ~る)を壁に。
 最初は、接着剤が塗られていない部分が無いように塗りこみます。
・接着剤と壁が馴染んだところで、クシベラ(=櫛目ヘラ、ボンドヘラ)で
 余分な接着剤をこそぎ取ります。
 (タイルごとの接着剤の厚さが均一になるように)

・エコカラットをペタッとくっつけたら、
 壁側にちょっと強めに押しながら、
 左右に2~3回(2~3ミリ)ムニュムニュっと、
 さらに上下に2~3回ムニュムニュっと動かして
 エコカラットと接着面を定着させます。
 (上下左右が難しい場合は、自動車のハンドルをゆするように、
  タイルそのものを小刻みに回転させます。)

この段階で、手を離しても、ズレ落ちません(たいていの場合)

エコカラットの素材が接着剤に含まれる水分を強烈に吸い上げるため、
急激に接着強度が上がるのだと思われます。

逆に言うと、貼り付けちゃったら直後でも、はがすのは大変。

貼り付け後に、はがさなければならないような事態が無いようにしないと。
もしはがすのなら時間との勝負です。あらかじめ手元にスクレイパーを。

数枚貼り付けてみました。

(まだ律儀に楽省スペーサーを使ってます)

1段貼り付けてみました。

(まだ律儀に楽省スペーサーを使ってます)

半分貼り付けてみました。

もう、楽省スペーサーに飽きました。
というか、スペーサー無しでも「だいたいこのくらい」と感覚がつかめました。
(部材の大きさのバラツキで意識してスペースを開けなければならない所だけに使ってます。)

最後の難関はL字加工です。

カッターでこんな感じに削っていくと

もう表面から削った箇所と裏面から削った箇所の間に
ビシッとヒビが入っています。

はい。綺麗に切断できました。
食いきりが無くてもなんとかなりますね。
(たぶんプロは短時間で加工する必要があるので使うのだと思います。)

部品が壁に収まるように、壁に当ててはヤスリで削り、
を何度か繰り返していたその時です。

片手にエコカラットを持ち、もう片手でヤスリを掛けていたのですが、
ある瞬間、急にエコカラットの重心がズレました。
その直後、ポロリと落下していくL字の一部。
私の中で時間の流れがスローモーションになり、コマ送りで落ちていく。

もう、がっかりです。

同じ作業をもう一回繰り返す気力がありません。尽きました。

で、コーキング剤で誤魔化す事にしました。

色違いの2種類のコーキング剤を用意し、
割れた部分の表面にそれっぽく塗って、
ひびを目立たなくします。
プロではNGでも、素人ならOK!

最後に、施工面の左右の部分です。
エコカラットを貼った壁面と隣壁との境界部分(納まり部分)です。

素人っぽく、ガタガタです。

原因は、
・最後の部材を切る時に壁までの正しい長さが測れなかった。
 (さしがねを持っていなかった。直後に買いに行きましたが。)
・やすり掛けが真直ぐじゃない。
 (修行が必要だ。)
の2点。

しかし、こんな時のためにあるのがコーキング剤。
マスキングテープを貼って、
コーキング剤を塗って、
テープをはがすと、

ほら、プロかと思うもの(嘘)
ちなみに、こちらが本来のコーキング剤の使い方。

最後に記念撮影。

部品代は
RR1異形状セットが6箱半(失敗分含む)
エコぬ~るが20Kgの3分の1ぐらい
で計5万ちょっと。

ちなみに、オプション販売では23万弱を提示されました。
(ベーシックタイプ(たけひご等)の平貼)
今回用いた RR1(ロック) のようなデザイン素材だとさらにアップグレード価格。
貼り方に凝ってデザイン貼りだと 1.5 倍を提示されたと記憶してます。


【ブログ内リンク】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素人がエコカラット・その1(前編)

5月の連休の出社が回避された事で、ふと思いついた。
「そうだ!エコカラット貼ろう。」

早速ネットで材料を発注。

連休の3日前というギリギリだったにも関わらず、
お店担当者が5月1日に届くように調整してくださいました。
タイルのシンユウさん、ナイス!(ありがたい)

届くまでの間に工具などを揃えることにしました。
(形から入るタイプ)

予定通り5月1日に材料が届きました。
届いたのがこれ。

ST1異形状セット(1箱 0.76㎡分 3150円)
RR1異形状2個セット(1箱 1.42㎡分 7600円)
スーパーエコぬーる(20kg 6400円)(1Kg≒1㎡分)

その手前にあるのは、同じシンユウさんで以前買った
スターターキット(7300円)
と、別途揃えた工具です。
材料と工具で、合計ざっくり15万円。

これで壁が3面~4面分です。
さぁ、やるしかないな。


まずは、イメージをつかむ為、床に並べてみました。
タイルの隙間に挟んでいるのは、スターターキットに入っている
「楽省スペーサー」です。

このスペーサー1枚の厚さが 0.25mm です。
「スターターキットに入っているんだから、
 このスペースが重要なんだろう。きっと。」
と思って並べてみた次第。

これで、左右の割り付けイメージができました。

「上下の割り付けは・・・」
一枚手にとって測ってみると 152mm でした。
規格上は 151mm なので
「なんだ、バラツキがあるのか?」と思いつつ
割り付けイメージを。

「上側で帳尻を合わせるよりも下側で合わせた方が良いのかな?」
と思って、こんな感じ。

(実はこれが失敗だった。)

まず、試しに何枚かを切ってみます。

切断台にセットして、

これぐらい削ったら

タイルカーペットと木の板ではさんで、

はさんだ上から押さえつつ、ベキッ

いとも簡単に割れます。
(軍手を使いましたが、軍手は要らなかったみたいです。)

何枚か切ってみて

1枚は割るのを失敗してしまいました。(中央下の四角いの)
(上から押さえつけるのが弱かった。)
しかし、だんだん慣れてきました。
素人でも簡単に出来そうです。

この時点で
「さっきは 152mm で計算したけど、本当に 152mm で大丈夫?」
と、なんとなく頭をよぎりました。
再度エコカラットを測定してみると、151mm
そりゃそうです。定型が 151mm で設計されているので。
焼き物なのでコンマ数ミリのバラツキはある感じですが、
さっきの 1mm は測定ミスだった模様。とほほ。

アレンジし直しです。

今切ったばかりのエコカラットは使えません(泣)。
切りすぎです。

仕方なく切断作業をやり直す事に。

1列分を全部切り終えました。
↓切れ端の方です。

失敗は無く、
「慣れたっー!」という感じです。
写真は1本折れてますが、これは切れ端の方。貼る方は問題無しです。
(たぶん誰でも、数枚も切れば慣れます。)

次に、基準線を壁側に書いていきます。
水平線が出るプロのレーザー工具を持っている訳では無いので、
壁紙に線を引きます。ボールペンで直接です。
真っ白な壁紙に、最初に線を引いた時には躊躇しましたが。

L字型のアルミ棒を定規代わりにして、
水平を見ながら線を引いていきます。
壁紙はエコカラットを張る前に剥がすので、
気兼ね無く直接線を書いていきます。

「こんなにちゃちい水平機で大丈夫か?」と思ってましたが、
意外と水平な線が引けるものです。


写真では判り難いですが、壁紙に黒い線が引かれています。
(写真が斜めなのは動揺のせい・・・(嘘))
もうこの時点で後戻りはできません。

【ブログ内リンク】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »