« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

加ト吉

スーパーに寄ったら、加ト吉のカップラーメンが半値以下で投売りされていた。

在庫処分って事なのだろう。

ちょっと、肉の仕入れ業者が牛肉だと偽って豚肉やら何やらを混ぜてたってだけなんだが。

市場をあざむいていたひき肉業者は、やってた事が詐欺なんだから、弾劾されて然るべきだが、
その肉を仕入れていた加ト吉まで、この仕打ち。

そこまで弾劾されるほどの事かと思うけど。
第一、在庫処分されていたカップ麺がそのひき肉業者の材料という訳でもあるまいに。

世の中って厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住民税

給料日

普段は明細なんて気にしてなかったりするのだが、(ちょっとは気にしろ)
「だって明細見たって増えないじゃん。」
住民税やら年金やら騒がれてるので、ちょっとした好奇心で見てみた。(ぉぃ)

ガッツリ持ってかれた。。。

なんだよこの重税は。
住民税に所得税に厚生年金。
帰って返ってくるあてのない支出が。
何割持ってく気だょ。
(漢字間違えた。数字見るだけで凹むもんなぁ。)

なにが、変わるゾウだ~!
絶対、騙されてる。

この国はサラリーマンなんてやってちゃいけないのかもしれない。
サラリーマンは単なる奴隷だ。
もうね。労働意欲がゲンナリだよ。

ということで、いつもより早く上がる。
で、渋谷の本屋さん(BOOK 1st)を目指す事に。

普段通りに仕事してたら、本屋がやってる時間には帰れない。

今日は神泉駅側からまわって、BOOK 1st へ。

途中、やたら警官が警備している一区画があって。
ロープを張って「ここからは一歩も通しません!」という雰囲気をかもし出している。
「なんだ?」と思って、ふと見るとビル前面に『松涛温泉』の文字が。
さらに見上げるとビルの上の階に『ShieSpa』の文字が。
「あぁ、ここかぁ。」
BOOK 1st から東急百貨店(&Bunkamura)を望む方向に見ると、すぐその奥に。

ただ今、渋谷22時。

立ち入り禁止って事は、営業停止だろう。
それなのに、ライトアップしてるのかぃ?
やっぱり、どこかズレてんのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜どうでしょう 2006最新作

日曜の深夜に一挙放送!
テレビ朝日(関東ローカルのみ)
6/25 (月) 2:35~4:25 (110分)第1夜~第4夜
7/2 (月) 2:40~5:00 (140分)第5夜~第9夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wii vs PS3

メディアクリエイト総研
こんなの調べてる所があるんだ。
(業界の人には必要な情報だから、需要はあるわけか?)

Wii って売れてるんだねぇ。
NDS (DSL) も売れてる。

PS3 はそれほど売れてない。
PS2 の時は圧倒的なシェアだったのに、完全に逆転されちゃいましたね。

Wii にしても、NDS にしても、目の付け所が良いものなぁ。

Wii のヌンチャクコントローラしかり、
NDS のタッチパネルや Double Screen しかり。

Wii や NDS は新しいヒューマンインターフェイスを前面に押し出してるもの。

それに比べ、PS3 はセルだ、1080p だと言って、スペックに走ってしまった感が。。。

技術屋さんが作ると PS3 になって、ゲーム屋さんが作ると Wii になるのかもしれない。

今後、BD コンテンツが出回れば、
あるいは PS3 ソフトが多く出るようになれば、
その時はどうなるか分からないが。

しかし、現時点では、
PS3 は単なる「トロ専用機」だったり、
分散コンピューティングをさせるとパソコンよりも処理能力のかなり高い、単なる「計算機」だったり
あるいは、単なる「黒い置物」だったり。

そこに「ゲーム機」というキーワードが出てこないのはなんでだろう。


ゲーム機に限らず、製品の世代交代の時には、ライバルメーカー同士でシェアが逆転する場合がある。
トップメーカーには 油断(ゆだん)(おご)り がある。
一方、ライバルメーカーは、 鬱積(うっせき)した思いで、 虎視眈々(こしたんたん)とトップを伺っている。

PS3 はなぜ Wii にトップの座を明渡したのか。
普通に考えれば、油断だろう。

もしかすると、これから大逆転のとんでもない戦略があるのかもしれない。
しかし、このまま逆転できなければ「手段と目的を履き違えた」って事なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

YoY, QoQ

YoY泣いちゃってる
QoQ落ち込んでる(斜め下見ちゃってる)

と思ったら違ったようだ。
YoY Year on Year 対前年同期比
QoQ Quarter on Quarter 対前期比

| | コメント (1) | トラックバック (1)

夢と目標の違い

『夢』を持つこと。
これはもちろん重要。
「ああ、なりたい」「あれをしたい」

では、『夢』と『目標』との違いは何か?

『目標』というのは、達成するまでのステップが明確になっているもの。
つまり「何をやれば良いか」がハッキリしているもの、のことを言う。

会社という組織の中に居て、『夢』を持つこと。これは確かに重要。

組織の中で、組織にとっての利益と同じ方向性の『夢』は、むしろ貴重と言える。

しかし、何ヶ月、何年も『夢』を『夢』のまま。
『夢』を『目標』に昇華できない。
『夢』はあるけど、どうしたら良いかわからない。
それは組織の中では問題だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

願い事かなう?

昨日ここに「梅雨うっとおしい」と書いたら、
今日は打って変ってスガスガシイ良い天気。

もしかして、ここに願い事を書くと叶うのか?

そうなのか?

じゃぁ・・・

宝くじ当たれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨入りか?

昼過ぎからポツポツき始めて、夜にはシトシト。
梅雨入りしたような天気。

うっとおしいなあ。
いや、水が重要だというのはわかっているんです。

でも衣類がまとわりつく。
空気がまとわりつく。
うっとおしい。

水源だけに降ればいいのに。
もしくは、
時間を決めて降ればいいのに。
何時から何時までって。

何十年後かにはできるようになるかもしれんが。
ま、その頃には自分は生きてないだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急東横地下鉄

東急東横線『渋谷-代官山』地下化工事だそうだ。
電車の中の広告を見るまで気が付かなかった。

にしても、今まで地上を走っていた場所をそのまま地下に持ってった所を走るのね。
代官山から渋谷までは、ぐるっと回って遠回りなんですが、
考えてみれば、土地の所有権がそうさせるのかぁ。
地下鉄ならショートカットできそうな気もするが、そうもいかないのか。

確かに、東横線と山手線が立体交差する辺りで、かなり前から東横線の線路沿いに工事をしている。
あれは、地下部分の工事だったのか。
それに、渋谷駅東側のバス停付近(渋谷川が地下に潜ってる辺り)の工事はずっと続いている。
あれは、地下に新駅を作っているのか。

で、池袋まで伸びて、さらに相互乗り入れするのね。
池袋の北西まで伸びるのね。

つまり、今までよりも混んで、
今ままでよりも電車が遅れる原因が増えるのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壁まで8センチ

SANYO が投影する壁まで8センチのプロジェクター(LP-XL50)を開発したと発表。
ニュースリリース

これはいいかもしれない。

(従来型だと)プロジェクターの光ってマブシイんだよねぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハンバーグ

『ドリーム・ビジョン』より
おいしいハンバーグの作り方は
1. こねてる時に温めない
2. 塩は焼く直前にふる
3. フライパンにフタをしない
だそうだ。

1. こねてる時に温めない
ひき肉、たまねぎなどの材料を『手』で混ぜると
混ぜているだけで材料が20℃ぐらいまで上昇してしまうそうだ。
つまり『手』の体温が材料に伝わってしまう。
そうすると『脂肪分が筋肉繊維の中に入り込む』という現象が起こるそうだ。
結果、パサパサした食感になってしまう。

番組では、キンキンに冷やした『まな板』の上で
肉には直接触れず、包丁を使って混ぜていた。

実際には、ここまでしなくても、
冷凍直前のひき肉を使って、さいばしで混ぜるなどすれば、
温度上昇は抑えられるそうだ。

2. 塩は焼く直前にふる
材料を混ぜ始める段階で味付けをしてしまうと、
うまみ成分がドリップとして流れ出てしまう。

これを抑えるには、
ステーキを焼くときと同様、
成型した肉を焼く直前に塩やコショウをふる、が正しい。

3. フライパンにフタをしない
ガンガンに焼いたフライパンで片面にこげ色が付くまで焼き、
裏返して火を止める。あとは余熱で。
これが正しいらしい。(表面をカリッと焼いてうまみを閉じ込める)

この時、フライパンにフタをしてしまうと、蒸し焼き状態となり
肉汁が流れ出てしまう。

と、ここまでが番組の内容。

料理って結構、科学なんだ~。

今度やってみよう。
何ヶ月先になるかわからないけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゲドを読む

紀伊国屋新宿本店でもらってきました。

宮崎駿が『ゲド戦記』について語った文章がある、ということで、それが読みたかったのですが、

見てビックリ。
さ、3行。
たったの3行。
208ページの中のたった3行。

しかも、新潮社が発行する『波』1989年5月号に寄せられた「アンケート回答」
をそのまま転載する形。

てっきり、書き下ろしかと思ってました。

※『波』は定価100円らしいのですが、新宿の三省堂では無料で配ってたりします。
新潮社にとっての宣材の意味合いがあるようです。(エッセイなど連載が沢山載ってますがね。)


で、宮崎駿が『ゲド戦記』に対して何を語ったかを読みたかったのですが、
見事に裏切られました。
おそらく、宮崎駿は宮崎吾朗の『ゲド』に対して何かを語ろうという気にならなかったのではないかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゲドを読む

DVD『ゲド戦記』を宣伝するフリーペーパー『ゲドを読む』が今日から各所に置かれる。

置かれる『ゲドを読む』は全部で5種類。
書店やコンビニの店頭に置かれるが、5種類の内どれが置かれるかはランダム。


って事なのだが、こういうやり方はどうなんだろう。。。

本当にゲド好きな人は5種類を求めて右往左往するのだろうか。
発行する側は、DVD売り上げに結びつく事が最重要課題であるから、
『話題』にさえなれば良いわけだ。

しかしながら、本当のファンに対して、
「これがリアル宝探しだ」
「お宝求めて探し回れ」
「探し回って話題づくりに貢献しやがれ」
という態度に思えて仕方がない。


ちなみに私は、ジブリは好きだが、ゲドはどうでもいい。

「やっぱり、ジブリはナウシカがピークだったのだろうか。」
と思う、今日この頃。
「ショービジネスに走り、中身が薄く」という傾向だけは避けてもらいたいのだが。

(追記)最初、5種類って中身も違うのかと思ってたのですが、
違うのは表紙だけらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »