« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »


都内某所の桜です。

満開です。

天気が良くなかった(曇りのち雨)のが残念!
今日はたまたま肌寒いほどでしたが、
今年は暖冬。
それにも関わらず、去年とほぼ同じ日に満開となりました。

梅は暖冬にまんまと騙されて早咲きしてましたが、
桜って日程どおり。


こんな感じで3キロほど桜並木が続いているのですが、
ここの桜は、ボンボリや屋台がほとんど無くて好きです。

散歩している人が大手を振っていて、たまにいる自転車は必ず徐行。
自転車が歩行者とすれ違う時は、自転車の方がよける。
酔っ払いはまず居ない。
居たとしても「場違いな所へ来ちゃったな」とでも思っているのか、申し訳なさそうにしている。

ここでは、歩行者>自転車>その他 という力関係が出来上がっている。
すばらしい。

帰り際、ツートンカラーの鳥が居ました。
鴨か?
(4月1日追加) 4月1日放送の「所さんの目がテン!」によると、

『2~12℃で800時間以上経つと休眠から目覚める』
『その後、積算温度が540℃を越すと開花』
だそうです。

つまり、秋に休眠した桜は、
冬の寒さで休眠から覚めるスイッチが入り、
春の暖かさで開花するそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報

情報という言葉は森鴎外が作った言葉で 『敵情報告』の略だそうだ。

戦争時に斥候が敵地の情勢を収集して報告する。

確かに情報という言葉には、 情報を享受するものにとっては有益だが、逆の立場の人にとっては著しい不利益をもたらす という一面もある。

ところが、ネット検索で 「情報」+ 「(なさ)け」+ 「(むく)いる」 を調べると、意外と多く引っ掛かる。

彼らの論法はこうだ。
「“情報”という字は“情け”に“報いる”と書きます」
「だから“情報”というのは人に“情け”を掛けるところから始まります」
そんな甘っちょろい事を言っているページがほとんどだ。

戦術用語の“敵情報告”から来ている事を知らないのだろうか。
もともと戦争用語なのだから“情報”という言葉には殺伐とした面がある。

「“情報”という字は“情け”に“報いる”と書きます」
そのようなページの多くは、そのページで主張している内容そのものが浅はかだったりする。

所詮、「人という字は~」と 字面(じづら) から想像しただけの単純な思考回路では、そのような発想になってしまうのだろう。
彼らこそ情報が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分からない

分からないという言葉は分けられないという言葉が訛ったものだそうだ。

「2つに分けられない」
「白か黒か分けられない」

そう考えると、日本語って深い。

ま、この説が本当かどうかは分からないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯ブラシ

珍しい形の歯ブラシを見つけた。

使ってみた感想は、、、
「ん~?微妙」

「歯磨きは歯と歯ぐきの部分に45°であてる」が基本だが、
この歯ブラシだと、上手くあたらない部分がある。

このブラシだと、
歯の表側と同時に唇の裏側を磨けるとか
歯の裏側と同時に舌を磨けるとか
それなりの特徴はあるのだが。

公式ページによると、 この歯ブラシなりの磨き方があるらしい。

舌クリーナーとしては優秀らしい。

ちなみに、写真奥は Lion のデンターシステマ
こちらは売れ筋商品だけあって、使い勝手に死角無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるある訂正放送

「あるある大事典」の捏造に対する訂正放送が行われた。
15分間に渡って、アナウンサーが
「○○の部分は、実は△▽でした。」
というもの。

それじゃダメだろ。関西テレビ!

そもそも捏造と認めた件数が少なすぎる。
明らかに低減しようとする意図がありあり。
そこには“甘え”しかない。

だいたい、今の時点でそんな放送やってる事態がダメ加減を物語っている。
今ごろそんな表面的な事を言ってどうする。
そんなのは事件発生直後に言え。

ある程度時間が経過しているんだから、もっと内面に踏み込まないと、 とても反省している様には受け取られない。

組織の体質がどうもおかしい。
“除名”されても仕方無いな。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

DoCoMo 迷惑メール排除サービス

NTT DoCoMo が迷惑メール対策として、
「URL付きメール拒否機能」を4月2日より導入だそうだ。
もっとやってくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜どうでしょうDVD第8弾シークレット

ついに3番目のシークレットを見つけてしまいました。

ヒントは、本日の水どう公式ページの藤やんの日記。

ヒントを見る

藤やんのヒントを見る

そんなのいいから答え教えなさいよ!を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただDVD


Lawson や一部の書店で配っているタダのDVDです。

書店では3月20日から配布だったようですが、Lawson では3月22日からでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Suica→PASMO


正確には、PASMO に変えた訳ではないが。

JR の Suica 定期券と東急の磁気定期券を1枚にした。
クレジットカード機能がイラナイなら、手続きそのものは簡単。

Suica定期に東急定期の機能を追加するには『みどりの窓口』に行って交換しなければならない。

ところが『みどりの窓口』、普通に旅行券を買う人たちと同じ窓口。
時期が時期だけに、帰省や旅行に行こうって人たちの行列。

20人くらい。

しかも、ドイツもコイツも切符1枚買うのにやたら長い。
「そんなに駅員と相談する事あるのかよ。」
窓口は5箇所あったのだが、20人分処理するのに15分ぐらい。

切符ぐらいとっとと買え!非効率な!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

討ち入り

深夜0時前に家を出て屋敷に討ち入ってきましたよ。
屋敷討ち入り “水曜どうでしょう”というローカル番組のDVDは、lawson と htbshop と一部の北海道店舗での発売となっていますが、 全国区と知名度から lawson を利用される方が多いようです。

lawson ではほとんどの店舗でDVD引き換え日の深夜0時に引き換え解禁となるため
引き換え解禁直後にDVDを受け取る事を“討ち入り”と呼んでいます。
lawson 店舗の事は、“屋敷”あるいは“不夜城”
討ち入りするバカのことを“藩士”と呼んでいます。
(※ちなみに、ここで言う“バカ”とは“どうでしょうマニア”の事で“病に冒された人”と表現される場合も)

レジ裏の引き出しに入っている引き換え待ちDVDが見えましたが、
毎回増えてんなー。
ここでもバカが増殖しているようです。

水どう掲示板(4/5) の上から5番目に
ミスターからの書き込みが 2007/03/21(Wed) 01:02
(掲示板が上書きされるまでの期間限定です。)

ミスターってこういうところが。。。


シークレット、2つはあっさり見つかったが、残り1つが。
青タイツ…これはヤドカリ捕まえて「捕っちゃっちゃ、貝殻の中に引っ込んじゃうだろ」って言われている場面だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PASMO

休出(ガッカリ)。ま、それは置いておいて。

今朝、東急の改札を通ると、
ん!変なものがついてる。

ああ、PASMO か。
そう言えば、明日からか。
自分の場合は、JR 線(Suica 定期券)と東急線(磁気定期券)の乗り継ぎなのですが、
以前、会社帰り(会社帰りっていうとヘロヘロになってるわけです)に
磁気の東急改札の方で Suica 定期券をタッチして
「あれ?」
「あれ?改札開かないじゃん」
もう一度タッチ。
「んー!」

「あ!」(東急改札と JR 改札を勘違いしてた事に気付く)

という恥ずかしい事を1回やった過去があるので。

気をつけないとな。(こんど同じ事をやると、Suica から初乗り引き落とし)
(定期券を PASMO に変更するのも面倒そうだしなぁ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界不思議発見

1000回突破記念だそうだ。

すごいな。
毎日やったって3年かかるもんな。
週1で1000回だもんな。

♪この~木、何の木~

そう言えば、子供の頃からやってるよな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の嵐

昼ぐらいから雨足が強くなって、

雷まで鳴り出した。

建物の中に居たので良くわからなかったが、とにかく風がすごいらしい。

「帰宅時にこの風雨はやだな」と思っていたら、
思いの外、深夜。

前線はとっくに通り過ぎ、道の半分が乾いている。

帰り道、駅まで歩いていると、傘の残骸が多い。
平均すると50メートルに1本ぐらいビニール傘の残骸が捨てられているような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK

仕事でデバッグしてたら
NHK「みんなのうた」で宇多田ひかるの♪ぼくはクマ~クマ~が流れ出した。
まあ、そういうお仕事しているわけです。

ぼくはクマが終わると、続いて、安斎肇♪ホャホャラー。
安斎(あんざい) (はじめ) というと、空耳アワーのあの人ですよ。

シュールだ。

どっちの曲も。

最近の子供はこんなシュールなのを聴かされているのか。

ふと「受信料払いたくねー」そんな想いが首をもたげた。

NHK が不祥事を起こすたびにそんな気持ちになっていたが、
今回は別に「みんなのうた」がシュールだったからって訳ではない。

ひきがねは、先日の「NHKは受信料値下げできません」発言だ。

なんだろう、あの視聴者軽視の態度は。

私には「受信料値下げできません」が「受信料値下げする気はさらさらありません」としか聞こえなかった。

自分の場合は、NHKほとんど見ないしなぁ。
サイエンスZEROは毎回見てるけど、それ以外は年に数回あるかないかの臨時ニュースをたまに見るくらい。

「だって、面白い番組無いんだもの。」

それにしちゃ、ずいぶんと高いPPV(ペイ・パー・ビュー)じゃないの。
週45分でこの値段って。


「公共性のある立場としての放送局が必要。」
そんな意見がある。

たしかに NHK-E (教育テレビ)のような番組は民放だと作らないだろうし、
ニュースにしたって、民放のは“ニュース・バラエティ”か“ワイドショー”だ。

NHKのニュースが公正かどうか、は置いておいて『公共の報道と教育番組』は必要かもしれない。

逆に NHK のバラエティ。いらんだろう。あんなもの。

報道/教育とそれ以外の部分を切り離して、片方は PPV の民間会社にしちゃえばいいんだ。

これ以上、肥大化する NHK はイラナイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »